ナビゲーションを飛ばして本文へ

岡崎市/教えてバンク(よくある質問)
背景色を変更

文字サイズ

Q.国外から市内へ転入(帰国)するときの手続方法を知りたい。

回答

最終更新日 平成29年4月1日
・国外から転入される場合は、旧住所市区町村発行の転出証明書がありませんので、下記の書類を添えて転入届を御提出いただきます。
・お住まいになった日から14日以内に、市民課(市役所東庁舎1階)7番窓口又は各支所に届出をお願いします。

《届出人》
・本人
※やむを得ず本人(又は一緒に転入する同一世帯員は可)以外の代理人による転入届をされる場合は、委任状(代理権授与通知書)及び本人と代理人の本人確認書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカード(個人番号カード)・写真付き住民基本台帳カード・在留カード・特別永住者証明書・健康保険証・年金手帳など)が必要になります。
※本人又は世帯主以外の法定代理人(異動者が未成年者の場合は親権者又は成年被後見人制度の後見人)の場合はその資格を表す戸籍謄本、その他その資格を証明する書類(登記事項証明書など)の提示又は提出が必要になります。ただし、本籍地が岡崎市のかたは戸籍謄本の提出は省略できます。(異動者が15歳以上の場合は、本人の意思確認ができれば法定代理人としてではなく通常の代理人としての届出とすることも可能です。)

《届出窓口》
・市民課(市役所東庁舎1階)7番窓口
・各支所(岡崎・大平・東部・岩津・矢作・六ツ美・額田)

《届出期間》
・転入した日から14日以内

《届出に必要なもの》
・転入されるかた全員のパスポート
・自動化ゲート利用により、パスポートに出入国スタンプが押されていない場合は、航空券の半券など帰国日を確認できるもの
・転入されるかた全員の記載のある戸籍謄(抄)本又は、戸籍の全部(個人)事項証明書 ※岡崎市に本籍のあるかたは必要ありません。
・転入されるかた全員の記載のある戸籍の附票の写し ※岡崎市に本籍のあるかたは必要ありません。
・転入するかた全員の在留カード又は特別永住者証明書
・外国人のかたが転入(入国)した場合、世帯主である外国人との続柄を証明する文書(本国の権限ある官憲発行の証明書及び訳文、婚姻証明書及び訳文、出生証明書及び訳文など)

《受付時間》 
月~金曜日 8時30分~17時15分(祝日、12月29日~1月3日は除く)
・岡崎市ホームページの「転入届」(関連リンク)も御参照ください。
関連リンク

担当課:
市民課届出窓口係 0564-23-6129


アンケート よくある質問と回答をより良いものにするためアンケートにご協力をお願いします。

■この回答は役に立ちましたか?
■ご意見・ご要望はこちらに記入してください。

※回答が必要な場合はお問合せフォームからお願いします。
Copyright 2008 okazaki City All Rights Reserved.