ナビゲーションを飛ばして本文へ

岡崎市/教えてバンク(よくある質問)
背景色を変更

文字サイズ

Q.「ブックスタート」について知りたい。

回答

ブックスタート事業は、絵本を開く楽しい体験といっしょに絵本を手渡し、心ふれあう楽しいひとときを持つきっかけをつくる活動です。

赤ちゃんは愛情に満ちた「ことば」を語りかけられることで、自分がとても愛され、大切にされていることを感じ、こころ健やかに育っていきます。この事業は、親子が「ことば」を通してあたたかな時間をわかちあうきっかけを作る活動です。未来を担う子どもたちの豊かな心づくりのため、また、子育てを応援するまちづくりのために実施します。

(対象者)
 生後6か月以上1歳6か月未満の赤ちゃんとその保護者
 ※ただし、岡崎市以外の自治体でブックスタートを受けた方は対象外となります。

(実施場所、受付日時)
●岡崎市立中央図書館(図書館交流プラザLibra)子ども図書室 おはなしのへや
 岡崎市康生通西4丁目71
 毎週月曜日10:00~11:30/13:30~15:00
 
●額田図書館
 樫山町字山ノ神10番地1
 偶数月の第1木曜日10:00~11:00

●南部市民センター図書室
 羽根町字貴登野15番地
 奇数月の第1木曜日10:00~11:00

 ※所要時間は10分程度です。
 ※上記以外の日時をご希望の場合は、事前にご予約ください。

(持ち物)
 母子健康手帳、ブックスタートご案内状

(実施方法)
 絵本の読み聞かせをして、絵本をお渡しします。
 手渡す絵本は、「いないいないばあ」(文/松谷みよ子、絵/瀬川康男、発行/童心社)です。
 「いないいないばあ」をお持ちの場合は、他の本に換えることもできます。

(開始時期)
 平成22年11月から

(実施体制)
 行政と市民の協働で取り組みます。
 読み聞かせの経験豊かなボランティアを始めとしたスタッフが、赤ちゃんの健やかな成長を応援します。

 その他、詳しくは担当までお問い合わせください。
関連FAQ
関連リンク

担当課:
中央図書館資料提供サービス係 0564-23-3115


アンケート よくある質問と回答をより良いものにするためアンケートにご協力をお願いします。

■この回答は役に立ちましたか?
■ご意見・ご要望はこちらに記入してください。

※回答が必要な場合はお問合せフォームからお願いします。
Copyright 2008 okazaki City All Rights Reserved.